ファクタリングをおすすめする場合について

ファクタリング契約には、売掛金を納入先から入金される前に現金を受け取る方法と納入先から入金が保証されるために行う方法の2種類が有ります。


一般的に取引先と売買基本契約等を締結し、条文の中に支払いに関する条項を設け月末締めの翌月末払いだと納品が終わってから、入金まで一月掛かります。

仕入れ先に対しては買掛金が発生しますので、決まられた期日までに支払いが生じますがこれも契約書で決まられることが殆どで、同じ条件で有れば同日の入金を待って支払先に払うことになりますがその間に何らかの事情で資金調達が必要になった場合に納入先に発行した請求書や売掛債権の明細を基に資金調達出来るのがファクタリングです。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

この場合は一般的に自社とファクタリング会社の2社で契約を行い、納入先から入金された後に手数料を足して入金しますが、おすすめは手数料が低いことが重要になります。


各社で買取金額の手数料は変わりますが、一般的に15%〜30%と幅が有りまた買い取る債券価格によりパーセンテージも変わってきます。
おすすめ出来るファクタリング会社を選ぶために会社の信用度も重要になりますので、会社概要や資本金、ネット等の情報を基に会社を選ぶ事も重要になります。手数料が安く信用もある会社がおすすめ出来ますので、急に資金調達が必要になってもしっかりと情報を集めることで、その後も長く自社のパートナーとして利用することが出来ます。



納入先から入金を保証するために使う場合は、3社間契約となり納入先はファクタリング会社に支払うことになります。この場合の手数料は5%以下で契約を結ぶことができますが、前もって取引先の了承が必要となりますので注意が必要です。